次回のギャラリー UPCOMING EXHIBITION

kakapoのシャツとミミヤマミシンの帽子展
※画像クリックでフライヤーPDFが開きます。

オカベ マサノリ 古代ビーズアクセサリー展

1000年以上前に作られ、発掘された古代のビーズ。
ビーズの語源は祈り。
そんな祈りの珠を、いつも身に着けていられるようにと作られたアクセサリーは、寝るときも、お風呂に入るときも、いつも一緒。
しっかり三つ編みに編まれた紐は、まるでシルクのようにしなやかで、それでいてとても丈夫です。

大好きなひと珠と、その横には小さな細工の金のパーツが珠を装い、毎日の暮らしの中に彩りを添えます。

およそ2000年前の古代ローマ期のガラスのビーズは淡いブルーや金箔をはさんだゴールドサンド、彩り豊かなモザイクビーズなど。
5.6世紀のペルシャのスタンプは、印章でもあり護符でもあり。
水晶やメノウ、ガーネットなどの石のビーズも軽やかな装いです。

会場には、様々な時代や地域のビーズたちが参ります。
お気に入りのひと珠に出会えますように。

オカベ マサノリ




会期 | 2017年6月1日(木)~6月6日(火)
    会期中は全日程、作家オカベマサノリ本人が在廊します。
場所 | 1F オリエンタルデザインギャラリー
時間 | 10:30~19:30(最終日は17:00まで)/入場無料


記念講演会のご案内

日時 | 2017年6月1日(木) 18:30~19:30
会場 | 3Fチャペル
出演 | オカベ マサノリ
定員 | 80名(参加無料・要申込・先着順)
*講演会終了後、1Fロビーにてレセプションパーティーがございます



ご予約・お問い合わせ
Tel.082-240-9463(直) 受付時間 11:00~19:00

オカベ マサノリ
オカベ マサノリ Masanori Okabe / ジュエリーアーティスト
ARTIST PROFILE

1964年、福岡生まれ。30代からアクセサリーを制作。1300年前に作られたチベットのDZI BEADS(ズィービーズ)と出会ってから、古い時代のビーズに魅せられていく。おもに1000年以上前に作られた古代のビーズを使って、アクセサリーを制作。昔の人たちが自分の印のようにビーズを身に付けていたように日々の暮らしに寄り添うアクセサリー作りを心がけています。暮らしのコーディネーターであり、「沼田塾」を主宰する妻の沼田みよりと、愛猫と共に、福岡の浮羽という山里で三つ編みのひもを編む生活を続けている。「而今禾」、「ぎゃるり百草」、「真木テキスタイルスタジオ」など、全国のギャラリーにて個展開催。