EVENT NEWS

第14回『川の町でミーティング』
渡辺香津美meets押尾コータロー ハイパーギター・デュオ!!
45周年記念を去年、渋谷のオーチャードホールで華々しく終えた、
元祖ギター貴公子として君臨してきた渡辺香津美と、
そのステージにスペシャルゲストで登場した風雲児の押尾コータローが、
年末に15周年記念を、同じオーチャードホールで迎えようとしている。
イノベーターとして、あらゆるギター・テクニックを開発してきた、
二人の宿命の出逢いは、
昭和から平成へと世紀を越えた、
ギター界を揺るがす一大必聴のステージになるだろう!
月日
2017年11月27日(月) ※要予約
時間
開場 18:30 / 開演 19:00
場所
オリエンタルホテル広島 4F オリエンタルボールルーム
出演
渡辺香津美(ギター)
押尾コータロー(ギター)
六弦詩人義家(Opening Act/朗読・ギター)
料金
前売り 6,500円 / 当日 7,000円
学生無料招待 ※先着順締切
学生
招待
オリエンタルホテル広島は、豊かな感性を未来へつなぐことを目的とし、音楽イベントで学生無料招待枠を設置します。お申込みの際はオリエンタルデザインギャラリーまでご予約ください。
※当日、学生証のご提示をお願いいたします。
※小・中学生は必ず保護者同伴で来場してください。
<ご予約・お問合せ>
オリエンタルデザインギャラリー
TEL.082-240-9463(受付時間 11:00~19:00)


<プレイガイド>
チケットぴあ http://pia.jp/ 0570-02-9999(Pコード:346-563)
ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-006(Lコード:62328)
e+(イープラス) http://eplus.jp/


※入金後のキャンセルはいたしかねます。
※お席は自由席です。

企画・制作:BIGTORY (http://bigtory.jp/)
主催:オリエンタルホテル広島
後援:中国新聞社、広島エフエム放送
協力:STEREO RECORDS、HOTSTUFF PROMOTION、グリーンズ、ヒルトップスタジオ





渡辺香津美
渡辺香津美(Kazumi Watanabe) [ギタリスト・作・編曲家]
PROFILE

弱冠17歳で天才ギタリストとして衝撃のデビュー以来、今年で45周年を迎える、名実 共に日本を代表するギタリスト。80年代にはYMOのワールドツアーをはじめ伝説のオールスターバンドの結成や海外のトップミュージシャンとの共演するなど活躍。90年 代よりアコースティックギターのプロジェクトにも力を注ぎ、ジャンルを越えてボーダレスな活動を世界中で展開。高最先端ミュージックの探求はとどまることなく、こ れまで50タイトル以上のアルバムをリリース。演奏家のみならず、作曲・編曲でもオ リジナリティ溢れる世界を構築し、クラシックギター界からの現代曲の委嘱、芝居や ダンスなどの舞台音楽のプロデュース、エッセイストとしての原稿執筆、放送などメ ディアでの露出も多く、オールラウンド・パフォーマーとしての魅力でも知られる。

押尾コータロー
押尾コータロー(Kotaro Oshio) [アコースティックギタリスト]
PROFILE

2002年、アコースティックギタリストとしてメジャーデビューし、同年10月全米メジャーデビューを果たす。また、スイスの「モントルージャズフェスティバル」へは2002年から3年連続出演。近年ではアジア各地での活動も拡げ、韓国や中国でのソロライブを開催するなど海外での評価も高い。オープンチューニングやタッピング奏法などのテクニックを駆使し、1本のギターで弾いているとは思えない鮮やかで迫力あるギターアレンジや、あたたかく繊細なギタープレイは世代を超えて多くの人々に支持を受けている。全国ツアーなどのライブ活動を中心に、映画音楽、番組テーマ曲、CM音楽などの作曲も手掛ける。現在、三菱電機カーナビゲーションシステム「DIATONE SOUND.NAVI」のCMに出演中。2017年2月から47都道府県全国ツアー15th Anniversary Tour“KTR×GTR”を開催。12月には東京、大阪で15周年を記念した集大成ライブを開催する。

六弦詩人義家
六弦詩人義家(Rokugenshijin Yoshiie) [朗読・ギター / Opening act]
PROFILE

幻想的なバックトラックに共鳴するエレクトリックギターと詩の朗読を重ねたパフォーマンスを繰り広げる孤高の吟遊詩人。 2009年から野外フェス、ライブハウスでの演奏を中心に活動する。2012年 朝霧高原で開催された野外ロックコンサートいのちの祭り2012 出演。2013年 下北沢GARDENで開催されたSHIMOKITA VOICE2013では七尾旅人、大友良英のオープニングアクトを務める。下北沢の街を舞台にしたドキュメンタリー映画「下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 TO 2014」ではナビゲーターと音楽を担当し同作品は2015年に下北沢トリウッドで劇場公開された。
■六弦詩人義家Blog真夜中の残響 http://yoshiie-kouno69.cocolog-nifty.com/blog/